Plastic Cloud Edition


Plastic SCM のホステッド型ソリューション、Plastic Cloud Edition へようこそ。

このガイドの目的は、Plastic Cloud Edition とその主な概念について、スムーズに理解していただくことです。

このガイドは、Plastic リポジトリをクラウドで稼働させるための手引書としてご使用いただけます。

Plastic Cloud とは

Plastic Cloud は、ホステッド型の Plastic SCM サーバーソリューションです。

2 種類の Cloud 製品が用意されています。

Plastic Cloud Edition
オンプレミスサーバーを必要としないチーム向けの製品です。Cloud が唯一の中央の場所となります。
チームメンバーは、リポジトリのローカルクローンを使用するか、Cloud に直接接続して作業することができます。
要件:Cloud Edition を購入する(Enterprise + Cloud ではなく)。
このガイドでは、このバージョンの Plastic Cloud について説明します。
Plastic SCM Enterprise Edition と Cloud extension
これは、オンプレミスサーバー(Enterprise Edition に含まれています)を必要とし、かつ Cloud 上でリポジトリをホストするチーム向けに設計された、もう 1 つの製品です。
要件:Enterprise Edition を購入し、Cloud extension(Cloud Edition ではなく)を追加する。

ユーザーの視点からは、従来の Plastic SCM サーバーと同じように Plastic Cloud で作業でき、ブランチをプッシュ/プルしたり、リポジトリを作成したり、権限を管理したりすることができます。

内部的に言うと、Plastic Cloud では完全に再設計された Plastic サーバーコアが使用されます。クラウドコアは、1 つのコンピューターではなく、複数のクラウドロール上で実行されます。つまり、ロール(コンピューター)を追加することで水平方向にスケーリングすることができます。

Plastic Cloud はマルチテナントの高可用性ソリューションであり、数千の組織を処理することができます。これにより、基盤のクラウドインフラを最適に利用することができます。

実際、サーバーのセットアップやメンテナンスについては心配する必要がありません。ソリューション側で処理されます。


対象ユーザー

Plastic Cloud Edition はさまざまなシナリオで効果的に活用できます。そのうちのいくつかを以下に示します。

  • あなたは小規模なチームに属していて、インフラの管理は行いたくないと考えています。すでにノート PC で Plastic を実行していますが、独自の Plastic サーバーをインストールして管理することは望んでいません。ただし、チームのために中央のランデブーポイントは必要です。そのような場合は、Plastic Cloud extension が最適です。
  • あなたは、世界各地で業務を行う大規模企業のチームに属しています。中央のサーバーは必要ですが、IT グループに負担をかけることは避けたいと考えています。そのような場合は、Plastic Cloud 組織をセットアップし、それをホステッド型の中央サーバーとして使用することができます。
  • あなたはゲーム開発チーム(または大規模なリポジトリや大きなファイルを扱うその他のチーム)に属しています。バージョン管理ソフトウェアの主なホスティングプロバイダーについて調べましたが、チームに適したソリューションが見つかりませんでした。Git ベースのソリューションには、有名な 2GB のリポジトリ制限があります。それ以上の容量が必要な場合は、Plastic Cloud が適しています。

これら 3 つが主なシナリオですが、他にもさまざまなシナリオが考えられます。あるチームからは、Plastic Cloud extension をライブのクラウドベースバックアップとして使用したいと要望を受けたこともあります。これも確かに有効な用途と言えます。


集中型、分散型、または両方で作業する

Plastic Cloud Edition は完全分散型のチームを念頭に設計されています。ただし、Plastic Cloud Edition では、集中型や混合型の作業方法もサポートされています。

集中型で作業する:

中間のリポジトリやプッシュ/プルアクションを使用したくないチームメンバーは、Plastic Cloud サイクルに直接チェックインするというシンプルな方法で作業できます。

これは、Gluon を使用するゲームアーティストに最適なオプションです。また、Plastic(開発者 GUI)を使用して集中型で作業したい開発者にも適しています。

Plastic Cloud Edition - Gluon を使用して集中型で作業する
Plastic Cloud Edition - 通常の Plastic を使用して集中型で作業する
分散型で作業する:

各開発者が自分のマシンで作業します。各開発者が独自のローカル Plastic SCM リポジトリ(リポジトリのコレクション)を使用し、チェックインは常にローカルで行われるので、非常に高速です。

開発者は同じ Plastic Cloud 組織に属し、プッシュ/プルを通じて Plastic Cloud に変更を配信します。

これは、Plastic(開発者 GUI)を使用している開発者に最適なオプションです。

Plastic Cloud Edition - 分散型で作業する
分散型と集中型の両方で作業する:
チーム全体を、分散型と集中型という 2 つの作業方法のどちらかに統一する必要はありません。あるチームメンバーは集中型で作業し、別のメンバーは分散型で作業することができます。
分散型、集中型、または両方での作業について詳しくは、こちらをご覧ください。

Plastic Cloud Edition 組織を作成する

組織は、クラウド内でさまざまなリポジトリのセットを扱うための方法です。組織の中では、必要なだけいくつでもリポジトリを作成できます。

次のいずれかの方法に従い、Plastic Cloud Edition 組織を作成します。


Plastic Cloud Edition 組織をウェブサイトから作成する

  1. plasticscm.com Cloud ダッシュボードに移動して、Plastic Cloud Edition ライセンスをリクエストします。

    または、plasticscm.com/plasticscm-cloud-edition にアクセスし、「Subscribe now!(すぐにサブスクライブ)」ボタンをクリックします。

  2. 新しいページが表示され、そこでサブスクリプションとアカウント情報に加えて、組織に関連する次のデータを入力する必要があります。
    • 組織名 - これはクラウド内でリポジトリを識別するための方法です。わかりやすい名前を選んでください。
    • データセンター - 転送速度を向上するために最寄りのデータセンターを選択します。
  3. 組織が生成され、通知されます。
  4. Plastic Cloud にサインインして、使用できるようになります。

Plastic Cloud Edition 組織を GUI から直接作成する

  1. Plastic Cloud Edition インストーラーをダウンロードして実行します。
  2. インストールの指示に従います(ご存じの「次」、「次」... のような指示です)。
    Plastic Cloud Edition インストール
  3. インストールが完了したら、Plastic Cloud Edition の「welcome(ようこそ)」ダイアログが表示されます。
    • すでに Plastic アカウントを持っている場合は、plasticscm.com で使用するのと同じログインを使用して Cloud Edition にログインできます。「ログイン」タブをクリックして、plasticscm.com の資格情報を入力します。
      Plastic Cloud Edition - plasticscm.com アカウントを使用したログイン
    • plasticscm.com アカウントを持っていない場合は、サインアップする必要があります。「サインアップ」タブをクリックして plasticscm.com アカウントを作成することも、Unity の ID とパスワードを使用してサンアップすることもできます。
      Plastic Cloud Edition - plasticscm.com アカウントを作成
  4. ログインまたはサインアップすると、Plastic Cloud Edition ユーザーになります(plasticscm.com ユーザーでもあります)。

    ここで、組織を作成します。「作成」をクリックして始めます。

    Plastic Cloud Edition - plasticscm.com アカウントの正常な作成
  5. このダイアログでは、次の情報を入力します。
    • 組織名 - これはクラウド内でリポジトリを識別するための方法です。わかりやすい名前を選んでください。
    • データセンター - 転送速度を向上するために最寄りのデータセンターを選択します。
  6. 組織が生成され、通知されます。
  7. Plastic Cloud にサインインして、使用できるようになります。

作業を開始する

Plastic Cloud Edition をインストールした後は、Plastic Cloud Edition の組織について見ていきます。

(Plastic Cloud Edition インストーラーを実行して)初めて Plastic Cloud Edition にログインすると、システムはユーザーが組織に所属しているかどうかをチェックします。

  • 組織に所属している場合は、「参加」をクリックするだけで済みます。組織が複数ある(複数の組織に所属している)場合は、コンボボックスにすべての組織が表示され、その中から 1 つを選択する必要があります。
    Plastic Cloud Edition - 組織に参加する
  • それ以外の場合は、前に説明したように、組織を作成する機会が設けられます。
    Plastic Cloud Edition - 組織を作成する

組織に参加または組織を作成した後は、起動して使用するツールを選択します。

  • 開発者向けの Plastic クラシック GUI。
  • アーティスト向けの Plastic GUI、Gluon。
Plastic Cloud Edition - お好みの Plastic を選択する

Gluon を使用して作業を開始する

Gluon を使用すると、集中型で作業することができます。

  • 既存のリポジトリを選択して既存のプロジェクトを結合するか、ローカルリポジトリまたはリモート(Cloud)リポジトリを作成します。
  • これにより、選択したリポジトリをポイントするローカルワークスペースが作成されます。
  • Plastic Cloud Edition - Gluon の使用を開始する - ワークスペースを作成する

Plastic を使用して作業を開始する

  • 集中型の作業を行うことができます。
    • このオプションを使用すると、Cloud リポジトリに接続されたワークスペースを作成できます。
    • 既存の Cloud リポジトリを選択するか、新規リポジトリを作成する必要があります。
    • すると、Plastic によってお使いのマシン(の選択した場所の下)にローカルワークスペースが作成されます。
    Plastic Cloud Edition - Plastic の使用を開始する - 集中型の作業を行う
  • 分散型の作業を行うことができます。
    • Git のように、ローカルリポジトリで作業してから Cloud リポジトリに対してプッシュ/プルを行います。
    • 既存の Cloud リポジトリを選択するか、新規リポジトリを作成する必要があります。
    • すると、Plastic によってお使いのマシン(の選択した場所の下)にローカルリポジトリとワークスペースが作成されます。
    • 必要に応じて、Plastic によって同期ビューも作成されます。同期ビューを使用すると、非常に快適に変更をプッシュ/プルできます。
    • 重要!Cloud からローカルサーバーにレプリケートする際には、ローカルサーバーがソースで、Cloud サーバーがレプリケート先である必要があります。これなしでは、Plastic で同期を実行できません。
    Plastic Cloud Edition - Plastic の使用を開始する - 分散型の作業を行う

Gluon で集中型の作業を行う

Gluon を使用すると、集中型で作業することができます。

その場合は、ワークスペース(ファイルが置かれた作業用コピー)を使用し、Plastic Cloud サーバー内のリポジトリに直接チェックインします。中間のリポジトリはありません

集中型で作業する

次の Gluon の例では、以下の情報が指定されています。

  • ワークスペース(quake3wk
  • マシン内の場所(ディスク上のパス
  • リモートリポジトリを直接ポイント(quake3
  • Cloud 組織内の場所(test@cloud
Gluon を使用して集中型で作業する

Gluon の詳細については、Gluon ガイドをご覧ください。

Gluon を使用して集中型で作業する方法については、Plastic Cloud Edition チュートリアルでも学習できます。


Plastic で集中型の作業を行う

Plastic(開発者 GUI)では、集中型で作業することができます。

その場合は、集中型のワークスペース(ファイルが置かれた作業用コピー)を使用し、Plastic Cloud サーバー内のリポジトリに直接チェックインします。中間のリポジトリはありません

集中型で作業する

次の Plastic の例では、以下の情報が指定されています。

  • ワークスペース(validationsw
  • マシン内の場所(ディスク上のパス
  • リモートリポジトリを直接ポイント(validation
  • Cloud 組織内の場所(test@cloud
Plastic を使用して集中型で作業する

この集中型の設定が終わったら、通常と同じように Plastic で作業が行えます。

など。

この Cloud Edition ビデオチュートリアルでは、タスクブランチを使用して集中型で作業する方法について説明しています。

Plastic Cloud Edition チュートリアルページにアクセスして、Cloud Edition の詳細について学習することもできます。

Plastic で分散型の作業を行う

Plastic(開発者 GUI)では、分散型で作業することもできます。

分散型のワークフローでは、ワークスペースと、直接のチェックイン先となるローカルリポジトリ(中間リポジトリ)を使用します。その後、Plastic Cloud サーバー内のリモートリポジトリに対してプッシュ/プルを実行します。

分散型で作業する

次の Plastic の例では、以下の情報が指定されています。

  • ワークスペース(testsrc
  • マシン内の場所(ディスク上のパス
  • リポジトリをポイント(testsource
  • ローカル(localhost:8087
Plastic を使用して分散型で作業する

設定後は、通常と同じように Plastic で作業が行えます。

など。

その後、ローカルリポジトリ内での変更をリモート(Cloud)リポジトリにプッシュ/プルします。

プッシュ/プル

この Cloud Edition ビデオチュートリアルでは、ブランチを使って分散型で作業する方法、プッシュ/プルの方法、およびマージの実行方法について説明しています。

Plastic Cloud Edition チュートリアルページにアクセスして、Cloud Edition の詳細について学習することもできます。

Cloud リポジトリをリストする方法

GluonPlastic の両方で、Cloud サーバーにアクセスする方法と、Cloud リポジトリの一覧を表示する方法について見ていきましょう。


Gluon で Cloud リポジトリをリストする方法

「前 (<)」および「次へ (>)」の矢印を使用して、Windows、Linux、および macOS のスクリーンショットを表示します。
  1. Gluon で、「ワークスペースを切り替え」ボタンをクリックします。
  2. 表示される新しいダイアログで次の操作を行います。
    • Windows の場合、「新規ワークスペースを作成」をクリックし、リポジトリをクリックして選択します。
      Gluon - Windows - リポジトリビューを開く
    • Linux と macOS の場合、「リポジトリ」タブに移動します。
  3. サーバー名として organization_name@cloud を入力します。この場合、組織は test です。つまり、「test@cloud」と入力する必要があります。
    クラウドサーバー名の入力
  4. 次に、(最新情報に更新)をクリックして(または Enter キーを押して)、サーバーにアクセスします。
  5. このサーバーに以前にアクセスしていない場合や、資格情報が保存されていない場合は、クラウドサーバーにアクセスするための資格情報の入力を求められます。

    たとえば、robotmaker@cloud に初めてアクセスする場合は、資格情報を入力する必要があります。この組織(この場合は robotmaker)の許可されているユーザーであることが必要です。

    クラウドサーバーにアクセスするための資格情報の入力

    www.plasticscm.com への登録に使用した資格情報を入力します。

    次回のために資格情報を記憶することを選択した場合、接続プロファイルが作成されます。こうしておくと、資格情報を入力する必要がなくなります。
  6. test@cloud に接続されて、クラウドサーバーで使用可能なリポジトリのリストが表示されます。

    リストが空の場合は、まだクラウドサーバーにリポジトリを作成していません。

  7. 通常どおりにリポジトリを作成します。
    • Windows の場合、「新規ワークスペースを作成」ダイアログに戻り、リポジトリのテキストボックスの近くにある「新規」をクリックします。
    • Linux と macOS の場合、リポジトリリストを右クリックし、「新規リポジトリを作成」を選択します。

    次に、クラウドに作成する新しいリポジトリの名前を入力します。

  8. この後、リポジトリリストを最新情報に更新すると、新しい Cloud リポジトリが表示されます。
    作成された Cloud リポジトリ

これから、この Cloud リポジトリでの作業を通常どおりに行うことができます。

備考:現時点での制限事項のリストを参照して、この時点で行えることを確認してください。

Plastic で Cloud リポジトリをリストする方法

「前 (<)」および「次へ (>)」の矢印を使用して、Windows、Linux、および macOS のスクリーンショットを表示します。
  1. Plastic で、クラウドビューを開きます。次のように表示されます。
  2. サーバー名として organization_name@cloud を入力します。この場合、組織は test です。つまり、「test@cloud」と入力する必要があります。
    クラウドサーバー名の入力
  3. 次に、(最新情報に更新)をクリックして(または Enter キーを押して)、サーバーにアクセスします。
  4. このサーバーに以前にアクセスしていない場合や、資格情報が保存されていない場合は、クラウドサーバーにアクセスするための資格情報の入力を求められます。

    たとえば、robotmaker@cloud に初めてアクセスする場合は、資格情報を入力する必要があります。この組織(この場合は robotmaker)の許可されているユーザーであることが必要です。

    クラウドサーバーにアクセスするための資格情報の入力

    www.plasticscm.com への登録に使用した資格情報を入力します。

    次回のために資格情報を記憶することを選択した場合、接続プロファイルが作成されます。こうしておくと、資格情報を入力する必要がなくなります。
  5. test@cloud に接続されて、クラウドサーバーで使用可能なリポジトリのリストが表示されます。

    リストが空の場合は、まだクラウドサーバーにリポジトリを作成していません。

  6. 通常どおりにリポジトリを作成します。
    • Windows の場合、「新規リポジトリ」ボタンをクリックします。
    • Linux と macOS の場合、Cloud リポジトリリストを右クリックし、「新規リポジトリを作成」を選択します。

    次に、クラウドに作成する新しいリポジトリの名前を入力します。

    Cloud リポジトリの作成
  7. この後、リポジトリリストを最新情報に更新すると、新しい Cloud リポジトリが表示されます。
    作成された Cloud リポジトリ

これから、この Cloud リポジトリでの作業を通常どおりに行うことができます。

備考:現時点での制限事項のリストを参照して、この時点で行えることを確認してください。

通常のリポジトリと Cloud リポジトリ

上記で示したように、Plastic Cloud リポジトリにアクセスするために必要なことは、organization_name@cloud の組み合わせをサーバー名として使用することだけです。

マシン内にある通常のローカルリポジトリは次のような名前になります:repo@local

Plastic Cloud では、このリポジトリは次のような名前になります:repo@organization_name@cloud

@cloud の部分は、Plastic Cloud に接続するように Plastic に指示するためのショートカットです。実際、次のような指定が可能です。

Cloud リポジトリと通常のリポジトリ

おわかりのように、fantasywarrior3d@cloudfantasywarrior3d@cloud.plasticscm.com に相当します。

重要なこととして、ローカルリポジトリと Cloud リポジトリを切り替える際には、サーバーの場所以外に違いが何もないということに注意してください。

組織を管理する

Cloud ダッシュボードに移動する

組織の準備が整ったことの確認が取れた後は、https://www.plasticscm.com/dashboard/cloud にログインして Cloud ダッシュボードにアクセスできます。

ログインすると、組織の管理領域が表示されます。この時点ではそれほど多くのオプションはないため、非常にシンプルです。

基本的に、表示されるのは自分が所属する組織の一覧のみです。

ユーザーが組織の管理者の場合は、その一覧を管理できます(管理者になるには組織にリクエストしてください)。

Cloud 組織ページ

  • 編集」をクリックすると、次のように表示されます。

    Cloud 組織の編集

    これは、組織の名前と説明を編集するための単純なページです。

    重要

    組織名」フィールドは、組織が cloud2 であるときにのみ書き込み可能です。

  • View activity(アクティビティを表示)」ボタンをクリックすると、全 Cloud 組織の使用状況を示す新しいページが表示されます。

    Cloud 組織 - アクティビティレポート

  • また、「詳細」リンクをクリックすると、リポジトリ別の詳細を示す新しいページが表示されます。

    Cloud 組織 - 詳細

次の章で、Cloud 組織の管理できる部分と管理する方法について説明します。


ロックルールの編集

Cloud ダッシュボードの「Edit lock rules(ロックルールを編集)」ボタンをクリックすることで、排他的チェックアウトの設定を開始できます。

ロックルールにより、チェックアウトを実行するときに、バイナリファイルの排他的ロックを設定できます。

排他的チェックアウト(排他的ロック)は、バイナリファイル(画像、ビデオ、オーディオなど)のようにマージできないファイルを扱っているときに役立ちます。

この機能を使用することで、チェックアウトの際にロックする必要があるファイルの種類を Plastic SCM に伝えることができます。有効にすると、ファイルをチェックアウトすることで、そのユーザーが加えた変更をチェックインまたは取り消すまで、他のユーザーが同じ操作を行うことを防止します。ファイルをチェックアウトして作業している間は、そのファイルの新しいリビジョンが現れることはないという確信を持つことができます。

システムでは、次の操作が実行されます。

  • ファイルはロックされているか?ロックされている場合、チェックアウトはできません。
  • ロックされていない場合、ファイルは潜在的にロックされている可能性があります。Plastic SCM は、定義されたロックルールのいずれかにファイル名が一致するかどうかをチェックします。ファイル名がルールに一致する場合、ファイルはロックされます。

ルールを定義して、次の部分に適用できます。

  • すべてのリポジトリ(組織のルール)
  • 特定のリポジトリ。それらのルールはファイル拡張子(*.xlsx*.png*.blend など)または特定のファイル名(readme.txt など)に設定できます。

ロックルールを編集

  1. 組織(すべてのリポジトリ)に対するロックルールを作成/編集するには
    1. 適用するロックルールを入力します。「Load common lock rules(一般的なロックルールをロード)」ボタンをクリックして、使用される最も一般的なルール(バイナリファイルに関連するルール)をロードできます。さらにルールを追加することも、一部を削除することもできます。
      組織(すべてのリポジトリ)に対するロックルールを編集する
    2. ロックルールを格納するには、「保存」ボタンをクリックします。
  2. 特定のリポジトリに対するロックルールを作成/編集するには
    1. ロックルールを編集するリポジトリで、「Add repository rules(リポジトリルールを追加)」ボタンをクリックします。
      リポジトリに対するロックルールを編集する
    2. そのリポジトリ名の下に新しい空のフィールドが表示されます。
      リポジトリに対するロックルールを編集する
    3. 独自のルールを入力するか、「Load common lock rules(一般的なロックルールをロード)」をクリックして一般的なロックルールをロードします。それらのルールは編集することもできます。
    4. 保存」ボタンをクリックします。

    リポジトリルールはすべて、「Clear repository rules(リポジトリルールをクリア)」をクリックすることでいつでも削除することができます。


Plastic Cloud でのユーザーとグループ

Plastic Cloud では、ユーザーとグループの取り扱いに、通常の Plastic SCM サーバーと同様の基盤メカニズムが使用されます。ただし、Plastic SCM とは違って、LDAP、Active Directory、またはカスタム定義のユーザー/パスワードファイルからユーザーやグループを取得するのではなく、Plastic Cloud では次の方法で処理が行われます。

  • ユーザーは plasticscm.com から取得されます。管理者はユーザーを組織に招待することができ、plasticscm.com にサインアップしたユーザーは有効なユーザーとなります。
  • グループは組織によって定義されます。これは、組織の管理領域から定義されたクラウドベースの groups.conf のようなものです。管理者は、自分が作成したグループにユーザーを招待できます。

クラウドのユーザーとグループ

ユーザーとグループに対しては、クラウドサーバーへのアクセスポリシーを定義できます。アクセスポリシーは、通常のサーバーの場合と同様に、Plastic SCM GUI ツールかコマンドラインを使用して設定できます。この時点で、ウェブインターフェースで行う必要があるのは、ユーザー、グループ、およびその関係を定義することだけです。

管理者は、ウェブインターフェースでユーザーを管理者として定義することができますが、これは、それらのユーザーが組織の管理領域にアクセスできるようになるということに過ぎません。これによって Plastic リポジトリに影響が及ぶことは一切ありません。

Plastic SCM のユーザーとグループについて詳しくは、オンラインドキュメントを参照してください。


組織へのユーザーの追加

ユーザーとグループ」 組織管理領域で、「ユーザーを追加」をクリックすると、このページが表示されます。

Cloud 組織 - ユーザーを追加

招待しようとするユーザーのメールアドレスを入力します(plasticscm.com ユーザーでなくてもかまいません)。ユーザーはサインインする前に plasticscm.com にサインアップする必要がありますが、有効なユーザーであると想定して事前にグループを設定できます。

デフォルトでは、すべての新規ユーザーは自動的に組み込み済みグループ Developers に追加されます。もちろん、このグループを削除したり名前を変更したりすることができます。


グループの設定

すべての新規組織にデフォルトで 2 つのグループがあります。AdministratorsDevelopers です。Administrator としてマークされるすべての新規ユーザーは Administrators グループに含まれ、それ以外の全ユーザーは Developers に含まれます。

新規グループの追加や、既存のグループの削除および名前変更を行うことができます。

また、ユーザーをグループに追加することもできます。グループ名の右側にある 編集アイコンをクリックするだけで、グループ設定領域に移動できます。

Cloud 組織 - 開発者グループの編集

ここでは、事前設定済みの Developers グループを編集するだけです。

ここで、ユーザーの削除、新規ユーザーの追加、新規グループの作成を行うこともできます。また、グループ名を変更したり説明を編集したりすることもできます。

新規メンバーを追加」をクリックすると、次のページが表示されます。

Cloud 組織 - 開発者グループへのユーザーの追加

ここでは、グループに追加しようとするユーザーのメールアドレスを追加するだけです。


設定のまとめ

これまで説明したように、組織の設定は簡単です。必要なすべての設定を数回のクリックで行うことができます。

この時点で、ウェブインターフェースで行えるのはユーザーとグループの設定のみです。それ以外は、通常どおり Plastic SCM GUI またはコマンドラインインターフェースで行います。


現在の制限事項と備考

備考 Plastic Cloud にアクセスするには、Plastic SCM リリース 5.4.16.719 以上を使用する必要があります。
備考 「デフォルト」のリポジトリは Cloud 内には作成されません。リポジトリにブランチをプッシュするには、先にリポジトリを手動で作成しておく必要があります。
制限事項 現時点では、Plastic Cloud 内の項目のリビジョンタイプは変更できません。これは使用している新しいストレージに伴う制限事項で、Plastic SCM で使用する標準リレーショナルデータベースとは異なります。
制限事項 パスベースのセキュリティは引き続きクラウドサーバーでは信頼されません。これはレプリケーション操作にとって大切な部分ではなく、フルチェックインワークフローをサポートするために近い将来に修正することを見込んでいます。

FAQ

製品

Plastic Cloud Edition とは何ですか?

Plastic Cloud Edition は、組織の Plastic SCM リポジトリをクラウド上に格納するために使用できる、ホステッド、マルチテナント、かつクラウドベースの Plastic SCM サーバーです。詳細については、plasticscm.com/plasticscm-cloud-edition をご覧ください。


Plastic Cloud Edition を使用するには何が必要ですか?

リポジトリを Plastic SCM のホステッドサービス内に格納するには、Plastic Cloud Edition のサブスクリプションが必要です。


Plastic Cloud Edition を使用するには、ローカル(オンプレミス)の Plastic SCM サーバーが必要ですか?

基本的には必要ありません.ただし、クラウド組織との間でプッシュ/プルを行ったり、クラウド組織への直接チェックインを行いながら、通常の Plastic SCM で分散型の作業を行っている場合は必要です。

もう少し詳しくご説明しましょう。

プログラマーは、Plastic SCM による分散型のワークフローを使用することで、より優れたエクスペリエンスを実現することができます。つまり、クラウドへの直接のチェックインを行うのではなく、ローカルリポジトリと Plastic Cloud との間でブランチをプッシュ/プルすることによって、パフォーマンスを高めることができます。分散型で作業するには、ローカルサーバーが必要です。これは、チームで一元化したものでも、各開発者に対してローカルにインストールされたものでも、あるいはそれらを組み合わせたものでもかまいません。

ただし、Plastic Cloud に直接チェックインすることも可能です。Plastic Gluon のユーザーについては、この作業方法をお勧めします。このツールは、コードの操作は行わないものの、その他のバイナリアセットを取り扱い、かつマージ操作を必要としないユーザー向けに設計されています(ゲーム開発部門のアーティスト、ドキュメントライター、プロジェクトマネージャー、その他のチームメンバーなど)。また開発者も、必要であれば Plastic Cloud での直接チェックインやマージを行うことができます。


データを Plastic Cloud にアップロードするにはどうすればよいですか?

ローカルの Plastic SCM サーバーから Plastic Cloud にデータをプッシュするだけです。

Cloud へのプッシュは、通常のリモート Plastic SCM サーバーへのプッシュと同じ方法で行えます。

同期ビューをセットアップして、ブランチをバッチでプッシュ/プルすることもできます。なお、リモートリポジトリは reponame@organization@cloud として参照されます。例:tetris@arcadegarage@cloud@cloud 部分では、完全な IP やドメイン名を指定するのではなく、クライアントサーバーに接続することだけを Plastic SCM に指示しています。


Plastic Cloud Edition でチェックインとマージを行うことはできますか?

はい。直接チェックインとマージは、5.4.16.792(2016 年 11 月 14 日)から利用できます。以前は、直接チェックインとマージは開発者に対して推奨されていませんでした。動作が低速化しますし、ローカルリポジトリとの間でのプッシュ/プルの方が快適性が増すためです。しかし、この作業方法の方がシンプルで良いという要望が多くのお客様から寄せられました。

コードの操作は行わないものの、その他のアセットを取り扱うゲーム開発部門のアーティスト、ドキュメントライター、プロジェクトマネージャー、およびその他のチームメンバーの場合は、Plastic Gluon + Plastic Cloud を使用することで、非常に高い利便性が得られると思われます。これらのユーザーは、自分が必要とするアセットやコンテンツファイルのみを直接チェックインしたり、ダウンロードすることができます。また、排他的チェックインを設定して、一度に 1 人のユーザーだけが各ファイルに変更を加えられるようにすることもできます。

コード開発者は、Plastic SCM による分散型のワークフローを使用することで、より優れたエクスペリエンスを実現することができるでしょう。つまり、クラウドとの間でブランチをプッシュ/プルすることにより、より高い快適性を実現しながらも、必要に応じて集中型の作業を採用することもできます。また Cloud サーバーを使用してマージを行うこともできます。

開発者の皆様へ:

  • クラウドでのチェックインは、LAN 上のサーバーに対してローカルにチェックインを実行するのとは違い、データがインターネットを通じて移動する(またそれにより、よりレイテンシの高いネットワークを通過する)ことになるため、動作がより低速になります。これは、ドキュメントを操作するアーティストやチームメンバーにとっては問題ないでしょうが、きわめて高速なチェックインを期待する開発者にとっては、低速に思えるでしょう。つまり、クラウドに直接チェックインすることは、開発者にとって、SVN の時代に戻るようなものだとも言えます。なお、Unity では、集中型の作業を好む開発者のために、サイクル全体の最適化を継続的に行っています。
  • しかし、ブランチをプッシュ/プルする操作は、確かにネットワークレイテンシの影響を受けるものではありますが、それほど頻繁に行う操作でもありません。つまり、サーバーが遠隔地にある場合の方が、動作はより低速になるということです。何度もローカルチェックインを行った後、プッシュを 1 回実行するというのが、DVCS の作業スタイルです。これは、多くの開発者が Git/GitHub で日常的に行っているのと同じことです。

要するに、Plastic Cloud でチェックインやマージを行うことは可能ですが、より高速な操作だ必要だと感じている開発者の皆様には、DVCS + Plastic Cloud のワークフローがお勧めだということです。


Plastic Gluon を使用して Plastic Cloud にアクセスする場合、ファイルをロックすることはできますか?

はい、できます。また、Plastic Cloud 組織のダッシュボードから、チェックアウト時にロックされるファイルを設定することもできます。


Plastic Cloud にアクセスするには、どのバージョンの Plastic SCM が必要ですか?

5.4.16.719 以上が必要です。ネットワーク API が更新され、Plastic Cloud 用に拡張されたため、古いバージョンは機能しません。


Plastic Cloud への接続はセキュリティで保護されますか?

はい。Plastic Cloud では、SSL 接続だけが許可されます。Plastic では、@cloud へのすべての接続はセキュリティで保護される必要があるものと認識されます。

通常の Plastic SCM サーバーでは TCP と SSL の両方でリッスンが行われますが、Plastic Cloud では、通信のセキュリティを強化するため、対象が SSL に制限されます。

そのため、Cloud へのサーバー接続やクライアント接続は、SSL を使用するように正しく設定される必要があります(なお、これがデフォルトの設定となっています)。


Plastic Cloud 内のリポジトリを誤って削除してしまった場合はどうなりますか?

あわてる必要はありません。データはまだ存在しています。

実際には、リポジトリが削除されても、それが削除済みとしてマークされたに過ぎません。最長で 2 週間(14 日間)は、削除したリポジトリを復活させることができます(GUI 上では「削除の取り消し」と呼ばれます)。この 14 日間を過ぎると、リポジトリのデータとメタデータは完全に削除されます。

Cloud リポジトリの削除取り消し

注:「削除済み」リポジトリのリストを表示し、それらの削除を取り消すには、そのユーザーが組織の所有者である必要があります。


Plastic Cloud はどこでホストされるのですか?

Plastic Cloud は現在、Microsoft Azure でホストされています。つまり、信頼あるプロバイダーの、実績あるテクノロジーの上に構築されています。

Plastic SCM のメタデータは、SQL Server Azure と Blob ストレージを組み合わせた保存先に格納されます。データベースは、高可用性と冗長性を確保するために複製されます。

バージョン管理されているファイルは、Azure Blob ストレージに格納されます。各 Blob は、2 つの物理ロケーションで最大 6 回複製されます。


データセンターを選ぶとはどういうことですか?

データ転送を高速化するために、バージョン管理されているファイルデータの格納先として、最も近いデータセンターを選ぶことができます。

世界には複数のデータセンターがあるので、ご自分のチームに最も近いデータセンターを選ぶことにより、ネットワークレイテンシを減らし、データ転送を大幅に改善することができます。


Plastic Cloud では、リポジトリをオンラインで参照する手段が提供されますか?

現時点では提供されていません。Plastic SCM クライアントを使用して、通常のリモート Plastic SCM サーバーと同じように、リポジトリのリストを表示することができます。


ライセンスと価格

Plastic Cloud Edition のライセンスの仕組みを教えてください。

チーム単位で料金が発生する Plastic Cloud Edition サブスクリプションが必要です。

  • Plastic Cloud Edition は、チームあたり月額 $7/month からご利用いただけます。これにはすべてのソフトウェアと 5GB までのクラウドストレージが含まれます。
  • 5GB の上限を超えた場合、チームあたり月額 $5 で 25GB まで利用できます。
  • 次のレベルはチームあたり月額 $10/month で、ストレージ上限は 50GB です。これはゲーム開発チーム、3D 設計チーム、または大規模なバイナリを扱う必要があるチーム用に特別に設計されたレベルです。
  • 最初の 50GB を超えた後は、25GB のバケット単位でサブスクリプションが拡大され、1 バケットごとにチームあたり月額 $5/month が加算されます。

Plastic Cloud では、サービスを中断することなく、サブスクリプションが次のサイズのレベルに自動的にアップグレードされます。次回請求の 7 日前に、お支払いの詳細を記載したメールが届きます。

Plastic Cloud にサブスクライブするには、有効な Plastic SCM ライセンス(「ライセンス」の詳細については以下を参照)が必要です。このライセンスとは、有効な Enterprise、Cloud、または Personal Edition のライセンスです。また、Trial Edition を使用することもできます。


Community Edition のユーザーですが、Plastic Cloud を使用できますか?

はい。オープンソースプロジェクトおよび非営利組織として認定された Community Edition のユーザーは、Plastic Cloud にサブスクライブして、ご自分の CE ライセンスを使用してサービスにアクセスできます。


Personal Edition のユーザーですが、Plastic Cloud を使用できますか?

はい。Personal Edition のご使用中は無料で Plastic Cloud にサブスクライブできます。


Plastic SCM の試用ライセンスを持っていますが、これを使って Plastic Cloud に接続できますか?

はい。試用ライセンスは完全な機能を備えたライセンスであり、これを使用して Plastic Cloud にアクセスできます。両方の製品を 30 日間無料で使用できるため、ご購入前にエコシステム全体をお試しいただくのに最適な方法です。


サブスクリプションをキャンセルした場合はどうなりますか?

サブスクリプションをキャンセルした場合、数日間(通常は 1 週間)はすべてのデータの取得が可能です。それを過ぎるとお客様の組織は削除され、スペースが解放されます。キャンセルするとすぐに、データが最終的に消去される時期を通知するメールが届きます。


最終更新

2020 年 11 月 23 日

組織の名前の変更が可能になりました。

2020 年 9 月 24 日
  • Unity ID を使用して Cloud Edition にサインアップすることも可能になりました。
  • Plastic SCM Cloud Edition のウェルカムウィザードを簡素化しました。Plastic Cloud Edition で集中型または分散型の作業を開始するまでのパスが 2 つのみになりました。
  • 2020 年 9 月 21 日
  • 誤ってリポジトリを削除した場合、最長で 2 週間は、削除を取り消すことができます
  • 2019 年 7 月 26 日
  • Cloud リポジトリのリストを表示する方法と、通常のリポジトリと Cloud リポジトリの比較をご確認ください。
  • 2019 年 7 月 24 日
  • 以下の方法について説明しました。
  • 2019 年 7 月 17 日
  • Plastic または Gluon を使用して Plastic Cloud Edition での作業を開始する方法をご確認ください。
  • 2019 年 7 月 4 日
  • Plastic Cloud Edition 組織を作成する方法をご確認ください。
  • 2019 年 6 月 26 日
  • Plastic Cloud Edition ガイドへようこそ!